MENU

HOME ご挨拶 日本語音声表現力検定 アナウンス力検定 講座・研修 合格者の声 話しことばの処方箋

HOME > 話しことばの処方箋 >  「お」や「ご」のつけすぎにご用心

「お」や「ご」のつけすぎにご用心

お肉にお野菜、お塩、お砂糖、おしょうゆ...それにお味噌にお酢...。料理番組を見ていると、何と「お」のついていることばの多いことか!でも、おニンジン、お油、おケチャップとは言いません。「お」や「ご」と相性の良いことばと、そうでないことばがあるのでしょうか。

「お店でご本を買っておみやげにしました」などというときの「お」や「ご」を美化語と言います。
美化語は、相手への敬意に関係なく、ことばづかいを丁寧に、上品にしたいという気持ちから使われることばです。

この「お」や「ご」は使われる場面によって、いろいろな働きをします。次の例をみてください。

(1)先生からいただいたお手紙を拝見しました。
(2)私からお手紙でお知らせします。
(3)私、お手紙を書くのは苦手なんです。

(1)は、相手から来た手紙なので、尊敬の意味で「お」が使われています。(2)は、自分が出すのですが、相手へ出す手紙なので謙譲の意味で「お」が使われています。(3)は尊敬、謙譲に関係なく、ことばを飾る美化語として使われています。

ことばはあまり飾りすぎると、うるさく感じられたりいやみになったりします。美化語の「お」や「ご」は必要最低限にとどめるぐらいの使い方がスマートです。

ただし、おでん、おこわ、お化け、おしゃれなどのようにひとつの語として「お」を切り離すことのできないことばもたくさんあります。
おにぎりとにぎり、ごちそうしてもらうのなら「お」のついていない「にぎり」の方がいいですね。

他に「やる」を「あげる」、「寝る」を「やすむ」、「死ぬ」を「なくなる」などというのも美化語的なことばといえるでしょう。

一般社団法人 話しことば研究機構
〒530-0041 大阪市北区天神橋3丁目9-13-401
TEL:06-6355-0874 / FAX:06-6355-0875

Copyright 2020 (C) 一般社団法人 話しことば研究機構