日本話しことば協会NPO法人
日本話しことば協会

tel

MENU

HOME > 検定活用(受験者の声) > 個人の方

個人者の方

  • voice

    主婦 40歳(女性) 兵庫県在住3級

    "私のこれから"には"これだ!!"と、新聞を見たとき、思いました。
    あたらしい道を開いてくださり、ありがとう!

  • voice

    会社員 32歳(女性) 奈良県在住3級

    私はこれまで電話応対がとても苦手でした。でも、テキストを使って「話しことば検定」の勉強を進めていくうちに、自然と自信を持って応対できるようになりました。
    ことばって、いろんな意味で大切なんですね。

  • voice

    会社員 51歳(女性) 東京都在住3級

    話しことばの大切さを知り、多くの人が学ぶべきだと思いました。
    人格・人柄・心をあらわすものであることにも気づきました。

  • voice

    学生 21歳(男性)3級

    初めて受験しましたが、改めて日本語の難しさを思い知らされました。
    これからは、もっと日本語を学び、 「若いもんは・・・」 と言われないよう、美しい日本語を身につけたいと思いました。

  • voice

    教師 53歳(男性)2級

    日本語は、これまで書きことば中心であった。
    この検定によって、新たに話しことばに視点をあてた文化が広がるものと期待している。
    自らも、その文化の担い手となりたい。

  • voice

    学生 19歳(女性)2級

    いろいろな試験の中でも楽しく勉強でき、また、自分自身のためになると思った。
    スピーキングテストは心臓が飛び出るほど緊張したが、話すということに重点をおいていて、すごくいい試験だと思った。

  • voice

    大学生 22歳(女性) 兵庫県在住2・3級

    「話しことば検定」の受験は、普段何気なく使っていることばを見直すいい機会になりました。また、就職試験のとき、「話しことば検定ってなに?」と面接官に聞かれ、話が弾みました。

  • voice

    講師 47歳(女性)2・3級

    幼児教育の講師をしています。子供たちはもとより、母親のことばの乱れは想像以上です。
    是非、日本語を正しく伝えていく機関になってください。

  • voice

    会社員 32歳(男性)2・3級

    昨年、友人からの薦めで受けた3級に合格しました。
    今年意気揚々と2級に臨みましたが、思ったよりも難しく、特にスピーキングテストで苦戦しました。
    今後、さらに話す力をつけていきたいと思います。

  • voice

    フリーアナウンサー 45歳(女性) 大阪府在住1級

    仕事柄、話しことばには少々の自信を持っていましたが、1級を受験して、自分の未熟さに気がつきました。その後、一念発起し、講師養成講座、協会認定講師試験を経て、現在大学で教えています。数年前には思ってもいなかった新しい人生が開けました。そのきっかけを与えてくれたのが1級試験です。話しことばの達人を目指す方は、是非チャレンジしてください。

  • voice

    短期大学教授 39歳(女性) 沖縄県在住1級

    筆記テストは、基本をしっかり抑えておくことを心がけ、2・3級のテキストを復習しました。実技は、課題スピーチの準備期間を1ヶ月とりました。単なる主 張で終わらず、誰もが納得できるものにするためです。実は今回やめようかと直前まで弱気になっていましたが、諦めずに受験して本当によかったと思っていま す。

  • voice

    ビジネスマナー講師 36歳(女性) 北海道在住1級

    筆記テストの問題は「ことば」の総合力が問われているように感じました。1級合格は、自信と同時に、より真摯にことばに向き合いたいという新たな意欲を私 にもたらしました。これからは「ことばの豊かさや美しさが、サービスを充実させる」ということを実践できるよう、更に努力をしていきたいです。

  • voice

    会社員 42歳(女性) 神奈川県在住1級

    3度目の挑戦でやっと合格をいただきました。スピーキングテストは何度も練習したのに今回もあがってしまいました。声量に自信のない私にとって、テキスト CDでの練習が大変役に立ちました。正しい話しことばや発声を学ぶ機会はなかなかありません。この検定の勉強を通し、ひとりでも多くの方が正しい話しこと ばを身につけてくださればと思います。これからも真心の伝わることばを磨いていきたいと思います。

  • voice

    学習塾経営 52歳(女性) 石川県在住1級

    初回---時間配分が悪く、問題途中で終了。
    2回目---時間配分作戦成功。しかし勉強不足で不合格。「己の傲慢」を深く反省する。
    3回目---過去2度の失敗を活かすべく頑張った。新聞も読み、テキストもよーく読み、真摯な自分がそこにいた。そんな自分を誇りに思う。・・・というように、ことばの勉強以上に大切なことを学びました。

  • voice

    主婦 44歳(女性) 兵庫県在住1級

    これが最後の挑戦と心に決め、テストに臨みました。合格したときは「やった?!」「うそ?!」「信じられない?!」「嬉しい?!」と、いろいろな気持ちが 入り混じりました。スピーキングテストでは表情が硬くならないように、声に張りを持たせるように気をつけました。また、筆記テストは時間との戦いで、ただ 一生懸命でした。

  • voice

    番組制作 37歳(女性) 広島県在住1級

    以前から話しことばについては興味があり、日常の会話の中や司会者やアナウンサーのことばなどでもおかしいところなど気になっていたのですが、検定を受けたことで、どこがどうおかしいのか分析しながら聞くようになりました。
    また、報告や会議での発言の仕方など、実際の会社生活でもしっかり役にたっており、感謝しております。

  • voice

    フリーアナウンサー 37歳(女性) 京都府在住1級

    今年は「こんなに勉強したのは久しぶり」というくらい机に向かったので、無事に合格できて本当に嬉しいです。 社会のこと、経済のことから文学的なことまで、理解する力が受験勉強によって養われました。
    ちなみに、私の勉強アイテムは、新聞・ニュース番組・現代用語の基礎知識・国語辞典・ことわざ辞典・アクセント事典・1-3級テキスト及び問題集でした。

  • voice

    研修インストラクター 32歳(女性) 千葉県在住1級

    今まで「ことば」や「コミュニケーション」に携わる仕事に就いてきて、その魅力は感じていましたが、客観的に評価されたことはありませんでした。 これからは、日本語の持つ豊かな表現力・美しさを次代に伝えていきたいと思います。
    ことばに関する知識や興味がぐんと深まり、自分のブラッシュアップにもつながる素晴らしい資格だと思います。

  • voice

    ビジネスマナー講師 41歳(女性) 高知県在住1級

    あらためて「敬語とは」「よい話し方とは」ということを基礎からしっかり学びなおすことにより、仕事に対する意識もずい分高くなりました。
    テキストは、3級問題集や2級のものが大変充実した内容だったと思います。良心的な価格だったのも好印象でした。

  • voice

    歯科医師 47歳(男性) 神奈川県在住1級

    歯科医院で治療中の患者さんは、多くの場合話せません。
    それだけに、医師は患者さんの気持ちを汲み取りながら誤解のないように話す工夫が必要だと思います。
    1級合格まで2年半。話しことばについて勉強し、有意義な日々を過ごすことができました。歯科医師の間にも「話しことば検定」を広めたいと思います。

  • voice

    会社員 37歳(男性) 兵庫県在住1級

    どんな経験もプラスになるので、とにかくチャレンジしてみた。
    こんなにおもしろくてためになる資格試験を受験しない手ははい。なかでも、敬語を復習することは、ビジネスの場面で確実に役に立つので、特に、若いビジネスマンに受けて欲しい。

  • voice

    図書館司書 38歳(女性) 東京都在住1級

    「話しことば検定」を受験したことで、日常のことばつかいが変わりました。
    これから、図書館司書・読者アドバイザーなど、同じ分野で仕事をしている人たちにレクチャーしようと思っています。

 

pagetop

Copyright 2010 (C) NPO法人 日本話しことば協会