日本話しことば協会NPO法人
日本話しことば協会

tel

MENU

HOME > 検定活用(受験生の声) > 企業担当者の方 > 森島 雅世様(エムケイ株式会社)

企業担当者の方

  • title
  • kanren_sum
  • kanren_sum
  • kanren_sum

社内で毎年「話しことば検定」2・3級の団体受験を実施。
管理職には2級以上の受験を勧めています。

弊社は京都だけでも一日に3万組近くのお客様にタクシーをご利用いただいています。
お客様の大半は事前に電話で予約を下さる「常連」の方々で、たまたま居合わせたタクシーにお乗りになる方よりも更に高いレベルのサービスをお求めです。
その期待に応えるためには、ドライバー個人の接客技術の向上が必要であることはもちろん、コールセンターや、法人顧客のニーズに対応する外商部、ドライバー教育を担当する運行管理部門など、ドライバーを支える部署間のチームワークも重要です。
そこで弊社では円滑なコミュニケーション実現の第一歩として「話しことば検定」の受験を推進し、毎年団体受験を実施しています。特に3級または2級を受験する新入社員には、社会人に求められる常識を身につけさせるために入社時から検定対策研修を行っています。
また管理職には、自分のことばが部下に与える影響を意識し実際の意思伝達能力を高めるために2級以上の受験を勧めております。

エムケイ株式会社

エムケイ株式会社

外商部 マネジャー
木村 伸介 様

kai01.jpg

MK株式会社エムケイ株式会社

人事部
森島 雅世様

仕事でコミュニケーション能力を必要とする場面はどんな時ですか?

上司・先輩への報告、連絡、相談時と、お客様との電話対応など、正しい敬語でのコミュニケーションが必要だと思います。また、私は人事課で採用面接もしておりますので、一次面接での質疑応答などの場面でも必要かと思います。

「話しことば検定」を受験して良かったことは?

発声や日本の言語について学べたことと、今まで間違って使っていた敬語を正せたことが良かったです。 会社のイベントの司会を担当することもございますので、そのような場面でも活かすことができるようになりました。

資格取得前と取得後の違いは?

1級に合格したことが、自信につながっています。
その一方で、正しい日本語で言語コミュニケーションを取らないといけないというプレッシャーもあります。
普段の会話でも、間違ったことばを使わないよう気をつけるようになりました。

受験対策・勉強法をお聞かせください。

テキストをしっかり読み、問題集で試験の形式に慣れることが、合格につながると思います。
スピーチは社内の1級保持者に聞いてもらってアドバイスを受け、また鏡の前でも練習しました。

試験の感想をお聞かせください。

2級の筆記試験は、テキストと問題集をしっかり勉強していたので、自信はありました。
1級は時事問題と、意見をまとめる問題が勉強不足で難しく感じました。
スピーチは、1・2級とも大変な緊張でした。

資格取得後の目標をお聞かせください。

仕事柄、人前で話すことが多いので、誰もが聞きやすい話し方をすることが目標です。
面接をしている時でも、私がうまく話せると、面接者も答えやすく、充実したやりとりができます。
よりよいコミュニケーションで人とのつながりを大切にしていきたいと思います。

pagetop

Copyright 2010 (C) NPO法人 日本話しことば協会