日本話しことば協会NPO法人
日本話しことば協会

tel

MENU

HOME > 検定活用(受験生の声) > 企業担当者の方 > 荒井 真太郎様(エムケイ株式会社)

企業担当者の方

  • title
  • kanren_sum
  • kanren_sum
  • kanren_sum

社内で毎年「話しことば検定」2・3級の団体受験を実施。
管理職には2級以上の受験を勧めています。

弊社は京都だけでも一日に3万組近くのお客様にタクシーをご利用いただいています。
お客様の大半は事前に電話で予約を下さる「常連」の方々で、たまたま居合わせたタクシーにお乗りになる方よりも更に高いレベルのサービスをお求めです。
その期待に応えるためには、ドライバー個人の接客技術の向上が必要であることはもちろん、コールセンターや、法人顧客のニーズに対応する外商部、ドライバー教育を担当する運行管理部門など、ドライバーを支える部署間のチームワークも重要です。
そこで弊社では円滑なコミュニケーション実現の第一歩として「話しことば検定」の受験を推進し、毎年団体受験を実施しています。特に3級または2級を受験する新入社員には、社会人に求められる常識を身につけさせるために入社時から検定対策研修を行っています。
また管理職には、自分のことばが部下に与える影響を意識し実際の意思伝達能力を高めるために2級以上の受験を勧めております。

エムケイ株式会社

エムケイ株式会社

外商部 マネジャー
木村 伸介 様

kai01.jpg

MK株式会社エムケイ株式会社

上賀茂FH
荒井 真太郎様

仕事でコミュニケーション能力を必要とする場面はどんな時ですか?

観光、社用、送迎など多岐にわたる接客の場面で必要です。

「話しことば検定」を受験して良かったことは?

検定に合格したことが自信につながりました。お客様から「MKさんは丁寧でよく教育されているね」と言っていただくことがあります。その理由の一つが「話しことば検定」の受験であると思います。

資格取得前と取得後の違いは?

それまでは漠然と使っていたことばも、ひとつひとつ確信を持って話せるようになりました。また、話す前に、より良いことばを選ぶ習慣がつきました。

受験対策・勉強法をお聞かせください。

私は3級を受験しました。テストは筆記・リスニングでしたが、両方とも満点をとるぐらいの意気込みが大事だと思います。
テキスト・問題集の問題を解き、間違えたところはチェックをいれ、それを3回ぐらい繰り返せば、点数もあがるかと思います。

試験の感想をお聞かせください。

これまで日本語の試験を受けたことがなかったので、どういうものなのか不安でしたが、合格できて一安心しました。
また、リスニングの問題は不正解の選択肢がどれかわかったときは、自分の中で理解できているのだと感じましたし、楽しみながら受験することができました。

資格取得後の目標をお聞かせください。

いずれは上位の試験を受けようと思いますし、試験勉強の過程で自身のボキャブラリーや言い回しを増やしていきたいと思います。

pagetop

Copyright 2010 (C) NPO法人 日本話しことば協会